読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒の井戸

アルコールの海に溺れながら考える世界のいろいろな出来事。または箱庭的な自分のこと。

ゴールデンウィークの中心で、絶望を叫ぶ。

生活 日記

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

 

えー、世の皆々様は黄金連休だ行楽だと、実に結構ですな。遊山なんぞにお出かけ遊ばれて地元衆から

 

 「にしらは、ろくな銭もねいくせに海だ山だってけつかる。本当たまげたもんだ」

 

f:id:ytugatakewo:20160503203649j:plain

 

なんて唐突に吐かれ、メンタマ真ん丸く奇天烈ぎょーてんてなお運びでしょうが。

*1

 いえ、あたくしの稼業てぇやつが、まあ、なんですな。カレンダーだ暦だてのと無縁の商いで御座いまして、ぢっと手を見る・・・今日もせっせせっせと労働にいそしんで、ええ、今帰ってきたところで御座いまして。じょーぶ(大分の意)くたびれた。

 

 まま、それは良いとして。

 

 そいで、繰り返すが、世間様は黄金連休だ行楽だと。

 

 あたしの住んどります町は、都心より程近く、山々の青によし。空気が綺麗ださあそれでと、ちゃーっと行って茶ぁでもしばいて帰ってくるジャンおもろいじゃんなんて人々が随分集まりまして。あたしんちにも親戚集が入れ替わり立ち代りと、ここを拠点に方々出歩くってそんな場所になって久しいと。

 

 そいで、その親戚集・・おじ様方が皆々様あたしの顔を見るなり

 

「おうっ!帰ってきたか。まあ一杯」

 

 と。

 

  あたしも好きだから。呑めば呑んだで止まりませんよ。向こう様の土産だと持ってきたどこそこの銘酒だと、そいで積もる話も御座います。美味しゅう酒を頂いて、話も弾んで、翌朝。当然残っとりますわな。重い体を引きずって仕事へ出て、へとへとになって這うように帰ってきてまた別のおじ様からおんなじ台詞。

 

「おうっ!帰ってきたか。まあ一杯。」

 

 最初の一日二日は、よーござんすよ。ナントカなる。しかしながらこれが三日四日と続くとなると・・・向こうは入れ替わり立ち代りの一夜のオモロで御座いますが、こっちゃぁー続いておりますからね。

 酒が好きだ酒が好きだと、日頃から挨拶代わりに宣伝しとるあたしの業の深さも、ええ、十二分に承知仕っておりますが、そいで土産だナンダと・・・

 

「岳ちゃんが好きそうなお酒を見つけてきたよ!」

 

 なんて言葉にきらきらした視線を添えられるってぇーと、もームカンジゴク。

 

 呑みますよ呑みましょうよ。どうぞ御同杯。

 

まあ、つまるところあたしは今まさにあたしの日頃の行い、業がたたっておりまして。

 

 黄金連休・・・うーん。死のロードで。

 

 あーしんどい。

 

あすたも仕事です。

 

 

 

*1:つげ義春『もっきり屋の少女』より