酒の井戸

アルコールの海に溺れながら考える世界のいろいろな出来事。または箱庭的な自分のこと。

アル中ふぜいがなんかながながとえらそーにいっとるわ

 ああ、気がつけば五月も早下旬で、いよいよと初夏と。空の匂いも随分瑞々しく、空気

がまったくよろしゅうござんすな。今時分が一番調度良い・・過ごしやすい季節ではないでしょうか?
 これがまたしばらく時を重ねてって、七月八月てなりますってーと空気中の水っぽさがいよいよ重(カサ)を増して、なんかムシムシする・・べたつくなんて具合になります。少し手前、六月のことを考えても、やはり梅雨って事が御座いますから、あたり全体はやはり水っけが多くって、陰鬱であると。・・・少し空気の重さが違うのでありまして。

 さて、それで晩春の新緑の名残なんてモノを引きずっている今時分てのは、流れる風に揺れる空気の塩梅と考えましても、調度良い具合。そこに漂う緑の香りと言って、またコレが何よりのアロマテラピーで御座いまして、月夜の匂いに誘われるがまま、ベランダの手すりに体を預けて傾けるロックグラスなんてのは、なかなかにオツなものであります。

 雲の流れる間に間に光を照らすあの月光は、今少し欠けていて、満月にもならぬ月が景色を揺らします。虫は鳴くでもないが川のせせらぎは確かに聞こえて、僕はグラスの中にある割れた丸い氷りと、その周りにあるトロッとした液体に、月光から反射した光を感じるのです。
 興にまかせてそれをちょいとオデコに当てると、やあ冷たい。
 そして夜は実際暗いのです。
 闇が中りにきれいに浸透して・・それは都会人民の常識には到底想像できない現象でしょうが・・闇が深くなればなるほど、その周りに散乱する光の粒も、また一等強く主張したりするのです。

 すべては相対的な関係性によって成り立っている。


 本当に深い深い闇の闇の中で、パチパチと反射しながら瞬く光のその眩しさは、そこに光を求めて目を凝らした人間にしか解らない。

 どんなに光量が弱くっても、その光の強さは確かなのです。


 もっともそれは自然現象における物理的な光に限った事では有りませんで、内なる精神上の希望、光においても同じなのです。

 だから、あんまり易々と絶望したり、捨て鉢に成ったりしないでほしい。光はどんな状況でも存在するし、それを目指すのは(先入観さえ消せば)それほど難しい事ではない。

 苦しいときは、ただ静かに瞑目し、心の目を凝らしてその光を眺めれば、どんなに小さな粒であろうと、光は確かに存在しそしてそれは確実に自分を照らしていることに気づくと思う。
 そしたら、後はその光の粒を丁寧に扱いながら、その火を絶やさず大きくして行くしかない。
 仮に悔やむ過去が有ったとしても、過去は、今はもう無いのだから、何事も今この時ここから始めるしかない。
どんな絶望的な状況であっても、ひとづつしか前には進めない

 

 3

 そして、どうか少しでも身体(からだ)を整えてほしいと思う。どんなに絶望的な身体(しんたい)状況であっても、あまり軽々しく未来を見据えない(例。「どーせこの体はもう直らないんだから・・」とか)見捨てないで、たんたんと今この時出来ることを最小限でも最大限でも、自分の出来る範囲で少しずつ体を整えてほしい。

 何事も身心が一如となって初めて世界が丸く自分に収まるのであって・・それは「健全な身体にこそ健全な精神が宿る」みたいな欺瞞では決してなく、ただ単に心が不完全な身体(からだ)を憎まないとか、身体が不完全な心を憎まないと言った意味で・・ちぐはぐであっても心身の和合が取れれば自ずから世界はトゲなく己の身の内に収まると言った意味で、自分という存在の手綱を握っている(と認識している)精神構造である自我という心であるアナタは、、まずそちらから身体にどうか歩み寄ってほしい。

 4

 って、なんかアル中のおっちゃんが酔ってせっきょーくさいことナンカ言っとるわー。てめーこそ酒に溺れた世の場末人、徘徊者、浮浪無宿の酔いどれ非人で、てめーから聞く人生訓なんぞ、説得力の欠片もねーや。やいやいやい。

 ・・なぞと申す向きも有ろうかと思いますが、あたしゃ日夜浴びるように酒を飲んでずっと暮らしてますが、一応毎度毎度の健康診断、肝機能の数値は正常値ですからね。中性脂肪に関しても、言うまでもない。

 ・・ってめーらナメンナヨ!

 こちとらアル中は承知のすの助よ。問題を言うねい。問題は起こったらかいけつすりゃいいんだ。人生何が楽しいって酒が楽しいんだ、だったら酒に合う健康づくりをすればいいんじゃないか。

 と言うことで、ラジオ体操から太極拳、週に二日のウォーキングから糖質制限、薬膳の勉強にサプリの勉強と・・まあ、アタシのことはアル中アスリートと呼んでもらって構わないくらい酒を飲むために色々ヤって居るのですが・・てか、それも割合健康に近づいた今だからこそ出来るのであって・・あたしも病気で寝暮らしたり色々あったから、いうに言うのですが・・とにかく苦しいときはどうても体に恨みをもつし…でもキモは身心一如だと思うのよ。 

 

身体と心の和合が取れていない限り何をヤっても上手く行かないし、その塩梅がちゃんといってると、まあなんとかなりますよ。

 もう酔いすぎたが故に、かなりうきとーですけどねぇ

 ベロベロばんざい
ばいばいばい

 

...いや、なんかね。みんな悩んでるなーと思って。

、、、僕も含めてなんですけど